車全体の長さや幅に余裕がなければ居住性が悪い傾向がある

車の居住空間は大変重視される部分であり、広さやゆとりを考慮した車に人気が集まる傾向にあります。

 

その中でも、トランクがあるため、荷物室を覗かれないというメリットを持っているのがセダンです。

 

セダンには独立したトランクを持つタイプと独立したトランクを持つかわりにリアハッチを設けたハッチバックタイプがあります。

 

現在ではほとんど3ドアハッチバックのタイプになっています。

 

独立したトランクには、荷物の盗難や車体剛性が損なわれない、安定しやすい、荷室の中を覗かれない、被追突時におけるリスクが小さいなどの多くの利点があります。

 

また、大人4人がゆったりと座れるのが条件でもあるセダンは、シャープさやスポーティさを重要視されるものが最近では多く見かけられます。

 

エクステリアにおいても、こだわり感を求める傾向にあります。また、トランクがあるため荷物室を覗かれないので、プライバシーの面で有利とされています。

 

その他にも静粛性に優れている面もあり、居住性にも余裕が感じられる車です。

 

最も高い次元で実現できるのがセダンという形状であると考えられます。

 

車全体の長さや幅に余裕があると、それだけ自由にくつろげる空間があるということです。

コメントは受け付けていません。